fc2ブログ
ヘッダー写真:この雄姿を一日も早く!
JR山口線 やまぐち号 
撮影 北山穂高  header image : Photo by Hodaka Kitayama

動輪の輝き(京都鉄道博物館)

20221112-5D-10.jpg

動輪の渋い輝き



撮影:令和4年(2022年)11月12日

京都鉄道博物館


使用機材  
カメラ:Canon EOS 5D Mark IV
レンズ:Canon EF24-70mm f/2.8L II USM



kisha.png

この輝きを、走っている中で見ることができないのは、なんとも切ない。


京都鉄博訪問の動画を作りました。ご笑覧ください。





スポンサーサイト



スワローエンゼルこそ陸の王者(京都鉄道博物館)

20221112-5D-7.jpg

陸の王者、C62。


撮影:令和4年(2022年)11月12日

京都鉄道博物館


使用機材  
カメラ:Canon EOS 5D Mark IV
レンズ:Canon EF24-70mm f/2.8L II USM


全般検査(車でいう車検)など、大がかりな検査、修理をおこなう第2検修庫にいたのはC62。

kisha.png


20221112-5D-8.jpg

kisha.png

除煙板(デフレクター)に燦然と輝くツバメのマーク。
かつて東海道本線で「特急つばめ」をけん引した、栄光の機関車。
スワローエンゼルの愛称で親しまれています。


20221112-5D-9.jpg


私がまだ紅顔の美少年だったころ、京都から姫路まで特別列車をけん引して走るC62型2号機(まさにこの機関車です)を神戸で見て、大興奮した記憶があります。

カッコよかったなあ・・・・

後年、梅小路蒸気機関車館(現在の京都鉄道博物館)で、SLスチーム号として遊園地の乗り物みたいな客車をけん引する姿を見て涙が出そうになりました。

全般検査を受けさせてあげて、東海道本線、山陽本線を颯爽と走る姿をもう一度見てみたいものです。



ハチロクだ!(京都鉄道博物館)

20221112-5D-5.jpg

ハチロクがいた!


撮影:令和4年(2022年)11月12日

京都鉄道博物館


使用機材  
カメラ:Canon EOS 5D Mark IV
レンズ:Canon EF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USM


先日、JR西九州から悲しいニュースが。
「SL人吉は来年度いっぱいで運行終了」

牽引機の8620型蒸気機関車(通称:ハチロク)の老朽化が主な原因だとか。
そりゃまあ蒸気機関車はみんな老兵ですが、これからもできる限りがんばってほしいものです。

kisha.png

京都鉄道博物館にもハチロクがいます。
全般検査(自動車でいう車検)を受けていないので本線は走れませんが、博物館内で元気にしています。
動態保存ですので、たまにはSLスチーム号をけん引しています。

20221112-5D-6.jpg

1914年生まれ、御年108歳!いつまでも元気で頑張ってください!



蒸気機関車(京都鉄道博物館)

20221112-5D-4.jpg

いまは静かに眠る。


撮影:令和4年(2022年)11月12日

京都鉄道博物館


使用機材  
カメラ:Canon EOS 5D Mark IV
レンズ:Canon EF24-70mm f/2.8L II USM


kisha.png

C11もキューロクも、かつては動態保存でした。ここで(当時は梅小路蒸気機関車館)元気に煙を上げていました。
C11に至っては確か山陰本線を走ったと記憶しています。

でも今はカマに火が入らず、静かに眠る日々を送っています。

いつの日か再び走る姿を見てみたい・・・・・

一筋の希望の光(Coffee Break)

今年9月の台風15号の直撃被害で、SLどころか本線の全面運休が続いている大井川鉄道。
被災状況はなかなか深刻で、全面復旧の見込みがまだ立っていません。

10月に発表された「復旧見込み」では、新金谷駅・家山駅間は12月上旬を目指して復旧工事をするものの、家山駅・千頭駅間については復旧見込みが立たない、ということでした。

家山駅以北は被災状況が深刻で、大井川鉄道だけの力だけでは復旧が困難なので、公的支援をお願いしたいとの社長さんのコメントも出されました。

そんな中、新金谷駅・家山駅間だけは12月中旬に復旧し、運転を再開するとの発表が先日ありました。人気の機関車トーマスも同区間で運転するとのこと。

そうか、よかったね~という思い。

でもトーマスは私の撮り鉄対象外なので、その後の経緯を見守っていたところ、11月14日、
「SL急行かわね路号 約13か月ぶりに運転再開
車両整備のため2021年11月23日の運転を最後にお休みしておりました「SL急行かわね路号」が2022年12月16日より運転を再開いたします!」
とのうれしい発表がありました。


coffee.png


家山駅以北は先程書きました通り、被災状況が深刻なため復旧のめどが立っていません。
したがって、SLかわね路号は新金谷駅と家山駅の間だけを走ることになります。

家山駅には転車台(ターンテーブル)がないので、帰りはバック運転ですね。
そして撮影ポイントでいうと、家山駅以北と以南では圧倒的に以北の方がいいポイントが多いのです。

山口線に例えるなら、宮野駅以北と以南みたいなものです(マニアックな例えでスイマセン・笑)


coffee2.png

これは間違いなく、暗闇の中の一筋の希望の光。
これからいい知らせが次々と飛び込んでくる予感がします。

来年こそはここ2年の「撮り鉄冬の時代」(なんせ、撮るものがなかったですからね)を春の時代にしたいものです。

みなさん、良いお年を!
あ、いや、まだ早かったです(笑)